i3Systems Engineering blog

株式会社アイキューブドシステムズの製品開発メンバーが、日頃のCLOMO開発の様子などを紹介します。

アイキューブドシステムズの外国籍エンジニアについて

はじめまして、アイキューブドシステムズでモバイルアプリエンジニアを担当している Mengliang Li です。現在 Xamarin や Android 関係のプロジェクト・マネジメントを主にやっています。

最近外国籍のエンジニア応募が多くなってきています。外国籍エンジニアでもアイキューブドシステムズで安心して働くことができるか不安を持っていらっしゃる方がいるかもしれません。そのためエンジニアリングブログを通して、仕事環境を紹介したいと思います。

自己紹介

まずは簡単な自己紹介をさせていただきます。

名前の漢字は李 萌亮です。中国語の発音は「リー モン リィァン」です。 国籍は中国、二十歳から日本にきまして、在日年数は17年になります。アイキューブドシステムズの在籍年数は11年です。外国籍の社員の中では一番長い方です。

アイキューブドシステムズに入社した際には、HTMLすらわからなかったのですが、社員たちの優しいフォローをいただきながら、サーバーサイド開発(PHP、Ruby on Rails)、スマホアプリ開発(iOS、Android)をできるようになりました。

感謝の気持ちがいっぱいで、是非この場で紹介させていただければと思います。

外国籍の構成、地域別比率

まずは外国籍の構成、地域別比率をご紹介いたします。

外国籍人材構成比について

外国籍出身地域について

※ 2020年9月末時点

まだまだ外国籍が少なく、クローバル企業と言えませんが、これからの増員に楽しみですね。

外国籍でも働きやすい環境なのか

国籍や出身国の違いによる言語や文化の違いはありますが、それ以外は同じ人間同士ですので、人間それぞれ個性があり、それぞれの個性を尊敬しています。

言語について、日本語が得意でなくても、英語のコミュニケーションも可能なので、心配する必要がありません。それと別で、中国語や韓国語がわかる社員もいますので、色んな面のフォローができます。

文化について、いろんなコミュニュケーション機会がありまして、 お互い理解しながら楽しく仕事を行っています。また、名前の呼び方についても、何と呼んで欲しいかも、事前に決めていただければ、希望通りの名前で呼んでいただいてます。

それ以外では、ビザ申請にも、手厚いフォローをいただいてますので、在留資格の心配はありません。

外国籍社員のお悩み及び会社側の対応

仕事を始めるとなかなか長い休みの取得が難しくなりますが、たまに自分の国に帰る必要があると思います。このお悩みがありませんか?

心配ありません。会社にこのような状況を理解いただきながら、長い休みの取得ができます。

私は、2年に1回中国に帰ります。大体2週間ぐらい休みを取っています。

コロナの影響で、会社は色々改善を取り込んでいる中で、リモートワークも導入され、既に8ヶ月経過しました。実績から見ると、今後長期間で自分の国で仕事することも可能と思われます。

リモートワーク事例のご紹介

今までのリモートワーク事例をいくつご紹介させていただきます。

事例A

  • リモート場所 : 台湾の自宅
  • リモート期間 : 2018/12/25 ~ 2019/01/07、2019/12/27 ~ 2020/01/17
  • きっかけ : 年末年始の帰国
  • 感  想 : リモートワークを通して有休を使い切らずに長期間帰国できることは本当にありがたいです。

事例B

  • リモート場所 : 韓国の自宅
  • リモート期間 : 2020/8/27~2020/11/6
  • きっかけ : 家族の介護
  • 感  想 : インターネットができれば、仕事に支障はなく、業務の遂行ができました。平日の朝〜夕方までは仕事、平日の夜と週末は介護ができたので長い期間、日本に駐在しなくても仕事と家事の両立ができて、大変助かりました。

事例C

※ こちらの事例は日本籍社員が英語の勉強のため、海外に行った事例になります

  • リモート場所 : フィリピン(田舎の私立小学校の1室)
  • リモート期間 : 2018/11/01~2018/11/30
  • きっかけ : 英語の勉強のため
  • 感  想 : 基本的には有線を繋げ、速度的には業務上の支障はありませんでした。(業務には複数のブラウザを立ち上げたり、いくつかのファイルがアップロードが必要なのでそれなりの速度が必要) ただし、オンライン会議では画像や音声が若干カクつくなどの問題がみられましたが、業務に大きく影響するほどではありませんでした。 また、現地では月に数回の停電があり数時間有線のネットが使えませんでしたが、モバイルWi-Fiルーターを用意していたのでこちらも障害というほどではありませんでした。 夕ご飯の時間がある程度決まっておりそれに合わせて行動していたため、ほとんど残業は行わず、定時で業務を開始・終了できていました。そのおかげで多くの時間現地の方と会話する時間を多く確保出来たので英語の勉強にとても集中することができました。 1ヶ月だけでしたがもう少し長く滞在しても支障なさそうだったので、より長く滞在できればもっと英語の上達が図れそうだと思いました。

これからの国際的な仕事環境づくりについて

ITは無限な可能性がある中、地域の制限もないため、今後もっとグローバルな人材の採用が期待されます。

私はいつか中国の支社を作ること(個人の希望です)を目指していますので、もっと勉強しながら、国際展開できるような提案、行動を心がけて頑張ります。

あなたもこの会社に入って、一緒にグローバル会社を作る野望がありませんか?

まとめ

自分の国から離れて、色々ご苦労や認めてもらえないことが多々あるかと思いますが、人生の中に一番多く関わることは仕事なので、気持ちよく、チームとしてお互い協力しながら、笑顔をつくる職場で一緒に働くことができればと思います。

2020年12月現在、アイキューブドシステムズでは社員を募集中です。詳しくは 採用サイト をご覧ください。

よろしくお願いいたします。